建物を調査する時に、遵法性の判断に必要となる建築基準法の告示、国土交通省通達、建設省住指発などへのリンク集です。


HOME > 建築基準法の告示・通達 > 外壁の全面打診調査義務
建築基準法の告示・通達

外壁の全面打診調査義務

建築基準法施行規則の改正 (2008年4月1日施行) により、定期調査報告における具体的な調査項目、調査方法、および判定基準が、「国土交通省告示第282号」に定められ、外壁の全面打診調査が義務付けられました。
 

注意事項

告示・通達データベースシステム(国土交通省)の検索結果には、リンクを設定することができないため、当サイトでは、検索結果の内容をWord形式で保存後、PDF形式で発行して、リンクさせています。(PDF形式でのデータ作成日:2011/9/17)
また、告示・通達データベースシステム(国土交通省)による告示、通達などの原本を見たい場合は、下記の要領で検索し、告示・通達データベースシステム に告示や通達等を表示させてください。

1.上記一覧より、件名をコピー。
2.「件名および本文キーワード」 欄に、件名を貼り付け。
3.検索実行

遵法ナビ.com |  建物調査の条例・指導要綱 |  アスベスト吹付けの調査と対策 |  PCB電気機器の保管と処理